ptsdは精神科でアフターケアを|不安ないライフ

男性と2人の話す女性

環境が大事

パソコンにうつむく男性

主な症状として覚醒や回避・再体験症状というものがあるptsdは、症状が悪化するとうつ病に変化することがあります。ただ、抗鬱剤など薬を使用せず完治出来る医療環境が整っているので、迷わず受けてみると良いかもしれません。実際に受けた人によると、脳に質の高い刺激を与えたことで薬を飲むよりも劇的な回復が見られたと語っており、それぞれptsdの克服に成功しています。更に、薬によくある副作用がない時点でもメリットだらけの治療法だといって間違いないでしょう。中には、仕事や学校に通いながらptsdの治療をしている場合もあります。薬の副作用で、仕事や勉学に支障をきたす恐れがありますからあまり良いとは言えないでしょう。しかし脳へ刺激を与えうつ症状が少しでも緩和されれば、薬によるストレスを軽減させられるのです。ただ、ptsdのだと自然に完治することもある為、環境改善に力を入れる必要があります。

薬など精神疾患をよく出来る治療はありますが、ptsdの場合その治療と平行して安心出来る環境づくりが重要になってきます。精神科は、患者が落ち着くようにと環境づくりに力を入れていることが多く、更に心理的保護を中心に様々な精神疾患の治療をしますのでptsd特有の症状も出にくくなるでしょう。状況によっては、普段の生活で時間の経過と供に完治することがありますが、数ヶ月経っても症状が軽くならないなら精神科への受診が好ましいといえます。主な治療法は、眼球をうごかす運動療法です。これはトラウマを鎮める為の有効的な治療法となっており、ptsd患者にとっても有効的だと言えます。プラス、脳に刺激を与える治療を数回繰り返せば、だんだんよくなってくるはずです。中でもトラウマを消す治療は専門医の元行いますので、根本的な脱却を目指すのなら精神科を頼りましょう。