ptsdは精神科でアフターケアを|不安ないライフ

男性と2人の話す女性

大切な人が悩んでいる時

頭を抱える男性

ptsdとは、人生においてショックの大きい出来事に遭遇した時、症状として不眠や頭痛・めまいといった身体的症状を引き起こす病気として知られています。また、長く続くとやがてうつ病に発展し、場合によっては重症化する恐れがあります。ただ、ptsdの場合は、周囲が気づきやすいのでまだ治療しやすい環境だと言えます。ただし、うつ病も平行して発症する可能性がある為、油断を許さない状況だといえるでしょう。きっかけとしてはまず、就職活動における不安やストレスです。今も尚、就職難が続いており中々内定がもらえないといった焦りがptsdを発症する可能性が高く、ptsdの症状に悩まされる若者も急増中です。家族でもしそのような状態に置かれている人がいれば、サインを見逃さず早急に精神科へ行くようにしましょう。ptsdやうつ病は早期発見でよくなりますし、元気よく就職活動が出来るようになります。

心のサインはptsdやうつ病によく見られるものです。特に、ptsdの場合は変化がわかりやすい為、早期発見に繋がるでしょう。ただ、ptsdだと同時にうつ病を引き起こしている可能性が高いのでうつ病の検査も一緒にした方が良いです。また第三段階になると赤信号に分類され感情が麻痺していき喜びや悲しみ・怒り・感動と4つの感情を上手く出せなくなります。ptsdはトラウマやその時に起きた状況を思い出すことで大きなストレスになり、次第に心が壊れていきますからうつ病を併発すると状況は深刻化するかもしれません。家族でも細心の注意を払い、適切な対応をすべきと考えます。しかし一番大事なのは、ptsdやうつ病がどのような病気であるかです。感情のコントロールもそうですが、奥深くまで理解しないと解決が難しくなってしまいますから、家族自身病気について理解を深める事が大事になってくるのです。