ptsdは精神科でアフターケアを|不安ないライフ

悩む男性と2人の女性

特集記事

法人にもストレス治療

白衣の女医

大手企業など、業績を伸ばす為に様々な取り組みがなされていますが、必ずしも楽な仕事とは言い切れません。企業メンタル対策の為にptsd疾患を防ぐ治療が積極的に行われているので避けては通れない問題なのはいうまでもありません。

説明会でわかる精神疾患

話す2人の女性

現代病として深刻化している精神疾患は、様々な治療法がありますが中には自分に合わず悩んでいる人もいるでしょう。ptsdは過去のトラウマからうつ病に変化することがありますので納得のいく環境で治療をしていくことが重要です。

主な症状と特徴

東日本大震災の影響で、強烈なショックを体験した場合高い確立でptsdを発症すると言われています。特に、精神的ダメージが強いと時間が経っても頭から剥がれず常に恐怖との闘いになる為、多くの人は精神科へ通い治療を受けています。近年、日本はストレス社会と言われておりパワハラやセクハラなど頻繁に起こっているのが実情です。相談をしても誰も助けてくれず最後は自ら命をたってしまう人もいますが、これは社会だけに問わず集団生活の代表である学校でもptsdを発症する生徒が増えているのです。こうしたいじめや会社関連の問題は周りに相談しても中々解決まで至りません。その結果が死に直結していますが精神科なら個人が抱える心のストレスとトラウマを無くすことが出来るのです。

ふとした時に症状が出ることがあるptsdは、精神的なストレスから発症する怖い病気です。いじめや職場の人間関係・交通事故や火事・災害といった普段の生活であり得るかもしれない状況でなってしまうものです。近年は、忘れた数年後にやってくることがありそのままうつ病に移行するケースも多発しています。これを受け、精神科では心のケアとptsd患者に最適な治療を積極的に行なっており患者数が多いものの徐々に回復を見せています。特徴的な症状は主に、めまいや頭痛・そして不眠症といった体に出てくるものばかりです。中々寝付けず、薬を頼らないと満足な睡眠が得られない状態の場合はなるべく早い段階で精神科へいくべきでしょう。場合によっては深刻なうつ病を引き起こすかもしれません。他にもふとした瞬間思い出したくない出来事を記憶と共に呼び覚ましてしまった場合だと、現在進行形で起こっていると勘違いし、強い心的外傷を受けます。この状態は感情が不安定になっていますが精神科による適切な処置で落ち着くことがほとんどです。また、事故や災害・暴力など思い出したくない出来事を避けようとする回避症状は、トラウマの原因になったものを一切受け入れなくなりますし症状が悪化すると感情が麻痺し始め、結果記憶喪失になってしまうのです。このような状態が長く続くとptsdを発症すると世の中のものが危険であると認識されるようになります。ここまで来ると、病院の力と周囲の理解が重要なのでなるべく早い段階で治療をしましょう。

TOPICS

環境が大事

パソコンにうつむく男性

問題が深刻化していると言われるptsdは、改善をすればまた元気に仕事が出来るようになります。その為には精神科による正しい診断と治療が不可欠になりますので信頼出来る病院を探すことが先になるでしょう。

大切な人が悩んでいる時

頭を抱える男性

事故や災害など、何かの出来事がきっかけでptsdになった場合、家族間の強力が不可欠になるでしょう。また、家族が出来ることもありますのでそれを知った上で対処していく必要があります。